源氏物語 お仕立て付き!東京『堀井』本染紅型調綿麻浴衣-着物。

スライド01 スライド02
  • 源氏物語 お仕立て付き!東京『堀井』本染紅型調綿麻浴衣-着物







    お仕立て付き!東京『堀井』本染紅型調綿麻浴衣 源氏物語

    ◆お仕立て付き(ミシン浴衣仕立て)でございますので、29,800円にお仕立て代が含まれております。
    ◆ご希望のお客様には、サービスでお尻部分のみ「さらし」の居敷当てをおつけしております。お申し付け下さいませ。
    ◆お仕立て付きの商品のお支払いは、代金引換以外をご利用ください。

    ★お客様の寸法に応じて、お着物をお仕立てさせていただきます。ご購入後、当方よりお送りいたしますメールに寸法をご記入いただき、ご返信ください。
    ★お仕立ては、ご入金確認後、約1ヶ月半から2ヶ月ほどお時間をいただいております。

    ◆新品 未仕立 
    ◆綿70%、麻30%
    ◆長さ:12m(記載あり)
    ◆布幅(耳内):約38.5cm
    ◆身長は160cm位、裄は72cm位までの方はお仕立て可能。

    大正11年創業老舗『堀井』謹製、本染による紅型調、綿麻浴衣(ゆかた)着尺「源氏物語」をご紹介致します。

    『堀井株式会社』さんは、「源氏物語」の浴衣を通して和文化の創造と女性のファション美を追い求めていらっしゃる老舗でございます。

    本染「注染」は、機械染めではなく、職人の手作業で染められた浴衣でございます。
    本染浴衣は、浴衣用に描かれた図案をもとに、柿渋で丈夫にした和紙を三枚張り合わせ小刀を使用して柄を手で彫ります。紗と漆で張り合わせ、この型紙を生地の上に置き糊付け、のちに染料を手作業で注ぎ染め上げます。
    染め上がりまで手作業が多いので、機械染めにはない裏表のない染め方で、ボカシ等の「味わい」のある染め上がりが特長でございます。

    近年、浴衣の地色は藍や白のほか、洋服感覚のカラフルな色合いも増えてきました。昔から昼は濃い地色の浴衣を着て、夜は白地などの淡い地色を着るという習慣がありました。これは、昼間の光の中では、濃い地色が目にすがすがしく映り、夜の闇の中では白っぽいものがさわやかに見えるという、昔の人の美意識から生れたものです。

    綿麻のさらりとした生地は、うっすらとベージュがかったお色目でございます。全体には、青色系や紅色系、山吹色、水色、青緑色系などの濃淡のある単色の色彩で、アレンジされた唐花文様がゆったりと染められております。紅型調のシンプルなお品でございます。

    浴衣の素材で最も一般的なものはコーマ地という平織りの木綿でございます。夏祭りや縁日、花火大会などカジュアルな感じにお召しいただけます。
    また、外出着として浴衣を着る場合は、紅梅や綿絽、長板染めなどの素材が選ばれます。麻や絽の長襦袢に夏素材の半襟を付け、すっきりと装い、綿絽の名古屋帯や紬地などの八寸などを合わせてお召しいただけます。その際は、背中が重くならないように、小さめのお太鼓にするのがよいでしょう。


    ラリマーSV925ラウンド型ペンダント(SVチェーン付)(メンズ・レディース用パワーストーン天然石)(天然石 パワーストーン アクセサリー トップ ペンダントトップ)メール便不可
    レザーマン シグナル【Signal】日本正規品
    スタッフインタビュー
    三昧 シュープリームダマスカス 鎚目三徳180 スタッフ02 佐治武士作「遊々鉈」梨地6.5寸
  • 源氏物語 お仕立て付き!東京『堀井』本染紅型調綿麻浴衣-着物


このページの先頭へ